軽井沢マダム華子の【夫婦関係もメンテナンスが必要】

こんにちは。

軽井沢別荘マダム華子でございます。

今日は50代の夫婦関係について考えてみました。

 

私たち夫婦は極普通の夫婦関係です。

仲良しな時もあれば、

 

主人が何か機嫌が悪くてイライラしている時、

話し方もきつくて意地悪な言い方になるので、私もカチンときます。

 

主人はメンタルが弱くて感情がそのまま出る人。

私は感情を押し殺してしまうタイプです。

 

でも長く夫婦でいるとお互いが変わってきますよね。

いつまでも昔の恋愛時代のままではない。その時の関係を引きづってはいけないのですね。

 

************************************

子供がいれば、妻はどんどん母になり、しっかりしてきます。

妻がしっかりすればするほど、夫は置いていかれてしまいます

ここで一緒に父母になっていければ最高なのですが・・・

 

私たち夫婦は、私だけが子育ての主要な部分を担いました。

(勉強をみたり、学校選びを考えたり、お友達関係でなやんだり)

夫はサイド・脇役で(子供を遊んであげたり、本を読んであげたり)

そうしている間に私だけがどんどんしっかりし、母になっていきました。

夫は子育てには気楽な分、精神的に幼いまま年だけ取っていきました。

 

でも、仕事面ではプロフェッショナルに頑張っているので、

1つの道で長けていて頑張っているのであれば、他の事が未熟でも仕方がないのかな?と45才過ぎた頃から思えるようになってきました。

いわば諦めなのかもしれません。

それと、人は簡単に変えられない事を悟ったのです。

(それまでは幼い夫を変えよう・直そうと必死で訴えた事もしばしば)

 

人は簡単に変えられない・・・

 

この事を悟ってからは、夫と喧嘩しなくなりました。

 

そしてもう一つ気づいたことがあるんです。

 

それは、夫が言う事は結構正しい…という事。

 

私が半ば興奮気味に決めた事の方が間違っていて、夫が決断した事の方が正しかった事が多い事に気が付いたのです。

 

 

なので、40代後半になってからは、自分でどうしても決められない時は

夫に意見を聞くようになりました。

 

頼られた夫は、多分嬉しいんだと思います。

一生懸命に考えてくれて、意見を言ってくれるのです。

 

「なるほど!そういう考え方があったのね~、そうする~。有難う!流石ね!」

なんて大げさに言うと、多分夫も自信になると思います。

そして共に成長出来ているのでしょう。

***********************************

子育てに忙しい時には、この様に心を通わせることが出来なかったように思います。夫を見ていて夫の事も思いやっていたつもりでも、やはり子供の事ばかり考えていたのでしょう。

 

50代になり、これからは夫の方を向いてあげなくちゃ!と。

改めて思い直しています。

 

さりげなく思いやってあげる。体調を気にしてあげる。

美味しい物を作ってあげる。声をかけてあげる。

 

もし私が誰かにこんな風に気にかけてもらったらとても嬉しいでしょう。

だから夫にそうしてあげましょう。

**********************************

私たちは結婚して31年になります。

知り合って37年。

夫婦関係もその時々のメンテナンスが必要ですね。

 

子育てが終わったこれから先は、お互いがそれぞれの人生や価値観を大切にしながら、心は依存せずに思いやりを持って生きていきたいものです。

**********************************

軽井沢の別荘で自然に囲まれている時、いつもと違う夫がいます。

私の事だけ考えれば良いからなのでしょうか?

色々な しがらみから解放されるからでしょうか?

夫の本当の優しい部分が顔をだすのです。

思い遣りの言葉をかけてくれます。

軽井沢の自然には、人の心を素にしてくれる魔法があるのですね・・・

 

************************************

 

大好きなTV番組があります。

東京では土曜日の18時からテレビ朝日で放送している【人生の楽園】です。

色々な人生を歩んでいるご夫婦の物語。

夫婦お互いの人生を尊重しながら自分のしたい事を実現している・・・

 

そんな自分の人生を、好きな事・したい事を実行している人の生き方考え方は勉強になります。

そしてその生き方を支え合う夫や妻も素晴らしく思いやりを感じられて、

観た後とても温かい気持ちになれるのです。

************************************

夫婦関係のメンテナンスしてみませんか?

最後までお読みいただきまして有難うございました。

今日も素敵な一日を・・・