私の起業物語~体験希望メールはいつも不意打ち!

こんにちは。軽井沢マダム華子でございます。

私の起業、毎日少しずつ進んでおります。

牛歩ですが、毎日1つでも進んでいこうと心掛けております。

嬉しい体験メールは いつも思いがけない時に入ってくるのです。

 

でも、その体験申込みメールが私を元気付けてくれます。

1人目の体験希望者は、まだ看板が出来ていない時にきました。

小さなHPを作った時です。

 

ほんの7ページ程のHPなので、あまり人目に付かない事が多いのでびっくりしました。でもほ~んとに嬉しかったのです。

母と実家の自宅教室で50人ほどに生徒を見ていますが、

私の自宅で私1人で、私の思いのたけを詰め込んだ、私の教え方の教室。

そこは生徒さんが存在しなければ成り立たない事。

 

でも体験申込みが来たという事は、成り立つ!実現する!という事なのですよね。

本当は飛び上がるほど、小躍りしたいほど嬉しかったのです。

 

母に報告すると とっても喜んでくれました。

そして、そろばんの仕入れや教材の仕入れをしてくれたのです。

 

母のそんな様子にも、母の仕事を継ぐ事にして良かった!

と改めて思うのです。

 

その後 看板がついてからは、次々と嬉しい体験希望者メールがきます。

嬉しいな~身の丈起業~思い通りに子供たちに教える事が出来る~

私にしか出来ない事~出来ない教え方で、大切なお子さんに成長に携わりましょう。

 

ドキドキ体験希望者第1日目は、また後ほど

お読みくださいまして有難うございました。