50代夫婦の関係を改めて考える日でした

こんにちは。

軽井沢別荘マダム華子でございます。

週末は軽井沢マダム生活。

ウイークデーは東京で忙しく動き回っております。

動いているのが好きですので。

 

今日は東京の家での週末です。

珍しく主人も私も出かける用事がない日曜日。

先日「カンブリア宮殿」で放映された「高倉町珈琲店」に

2人で行きました。

 

「リコッタパンケーキ」はふわっふわで、ホテルニューオータニと

同じくらい美味しいのです。

私は一番好きなパンケーキです。

主人は「昔ながらにナポリタン」

2人でシェアしながら頂きました。

私の住んでいる国立もカフェがとても多くなり、

カフェ好きの私はとっても嬉しいんです。

 

最近も、駅近くに「星乃珈琲店」が出来、

勢ぞろいと言った感じです。

 

「高倉町珈琲店」の良い所は、椅子がふかふかで座り心地が良い所です。

これ大きいですよね。

お料理も何を頼んでも美味しいです。

あと、ビートルズのBGMが微かに聞こえるところ。

お化粧室が綺麗で隔離されているところ。

主人と一緒にカフェタイムを持つ良い所は、

向かい合ってゆっくり話が出来るところですね。

家に居れば、何かしら作業をしながら会話も途切れ途切れになりがちですが、

カフェにいれば、話す事が主役になりますね。

 

ふと周りをみると、ご夫婦で楽しそうに会話をしているシーンも

多いです。

 

夫婦の会話、50代にもなりますと、お互いに思いやりを持てない

発言をしてしまう事もありますね。

 

我が家は主人がそうなんです。

思ったままを口にする人です。

相手がどう思うか?

悲しむか?落ち込むか?頭にくるか?

などと全く考えられない人。

 

そして真反対の私。

相手の気持ちを考えすぎるほど考えてしまう私。

 

今更ながら、本当に真反対。

主人の外での態度は、

私は恥ずかしくなることばかりなんです。

 

だから一緒に滅多に外出しません。

でも世間体を全く気にしないでいる主人が

羨ましくもあるのです。

 

なんて思われようと気にせず居られるのですからね。

これもやはり育ち方の違いが大きいのでしょう。

面白いです。でも一緒に外出すると恥ずかしいことばかりで、

私が疲れ切ってしまいます。

 

それでも夫婦。主人の忘却武人な所が魅力的だったのかも・・・

そう!そうでした!そこが魅力的に見えたのです。

 

世間体が一番大事・・・という家庭に育った私にとって

主人といると楽だったんです。

ありのままでいいから。

50代になり、主人を変える事は出来ないと悟りました。

何とか大人にしたいと思ったのですが・・・

 

そして、こう思う事にしました。

主人の良い所を認めてあげる。

悪い所は直せないから仕方ない。

主人を責めない。

夫婦喧嘩とか、無駄なエネルギーを使わない。

 

そのかわり、もう遠慮せずに私もしたい事をするのだ!

したい事…私のしたい事なんて可愛いものですよ。

そろばん塾の起業…主人はとても応援してくれています。

お友達と話していて遅くなる時・・・ゆっくりして来てと言ってくれます。

洗濯もしてくれます。

自分の食事も用意出来ます。

お掃除も時々気が向けばしてくれます。

 

50代になり、子育ても終わりわたしたちの夫婦関係

安定期?今までは子育てという共同作業でしたのが、

これからは個々の自由・楽しい事を求めて暮らしていきましょう。

 

1人ずつ、そしてたま~に2人で。

軽井沢別荘はお互いに向き合って「素」の自分を出し合える

大切な場所です。